<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

衝撃を受けたこと と いっぽ????

見て下さってありがとうございます。

むすめの離乳食(完了期)の写真でこんばんは。
f0281034_21562466.jpeg
鯛とごはん
ほうれん草のお浸し
玉ねぎとじゃがいもの味噌汁(の具)
ブロッコリー、南瓜、人参、アスパラのコーンクリーム煮

でした^^

補助はしますが、むすめは手づかみとスプーンを使って自分で食べています。
すごい食欲です。



先日の顛末。

バスに余裕で間に合う時間に家を出ても、
どうにも気分が乗らず、バス停を通り過ぎぐるっと回って帰って来ました。
家で、ひたすら遊ぶのも悪くない日でした。
そんな日もある。


そして、今日は、保育園の解放ルームへ行ってきました^^

そこでの出来事。

バスを降りて、道にある葉っぱや花をとにかく触りたがるむすめを軽く流しながら、
到着~と同時に、近くにある児童館の前に車がとまりました。

中から女の子が3人出てきて、お母さんが降りてきました。

三人子育て、未知すぎる…
と思っていると、お母さんが後ろに席に叫びます。

「 あっちゃん、ちょっと待ってて! 」

即座に聞こえる
 ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

隣を通る時に見ると、チャイルドシートに固定されたままの2~3歳の男の子が大泣き。

ママ~! ママ~!! ママ~!!!!!

叫び声なんてまるで聞こえないというように、お母さんは女の子達と児童館へ入っていきます。

私、固まりました…。
熱中症を気にしてなのか、全ての窓が全開の車。
車中の男の子は涙を流し、私を見て、いやいやと首を振りながら
ひたすらママを呼んでいます。

私、数分、ちょっとうろうろしていましたが、出てこない。
いやいや、何か起きても、私がどうにかできる状況じゃないし…

数秒の、本来の目的地に入って、保育士さんにお話ししました。
保育士さんにもある意味関係ない話ですが、
嫌な顔せず、「教えて下さってありがとうございます」なんて見に行ってくださりました。

衝撃を覚えるのは私だけでしょうか…



1歳二か月、たっちをしたむすめ。

あの日以来、毎晩、夜泣きをします。
世界が変わって、夢でぐるぐるして、不安になるのかな。
2時間寝てくれず、
母が寝転ぶと怒って襲いかかってくる日もあり、
睡魔と戦いながら、むすめと過ごしておりました。

薄暗闇で座りこみ、ワンワン泣いてるむすめの姿、
大丈夫よ大丈夫って抱き上げると泣き止む姿、
夜泣きが愛おしいなと思える時があるなんて、自分でもびっくりです^^

あ、でも、ほとんど立とうとはしません…

一昨日なんて、一度もたっちの気配すらなし。
まだそこまで必要がないみたいです(笑)

でも、今日は頑張っていて、いっぽ…!!!
出たようなふらついて、私に倒れこもうと思わず出た足のような…

ゆっくりゆっくり、バランスを整えておいき。


百均のおにぎりメーカー愛用中
(私がご飯をいれ、むすめが振って歯で蓋を開けます)
f0281034_21565954.jpeg
おにぎりみっつ、ぜーんぶエプロンに入ってますよー
コロンコロンコロンと器用にひとつずつ

[PR]
by RefreshmentsDiary | 2017-08-28 21:58 | Comments(2)

たっち

ご無沙汰しております。

見て下さってありがとうございます。



昨日、むすめ1歳2ヶ月、立ちました。

” やるよ やるよ! ”
そんな顔して、すっごく嬉しそうに、
私の膝に乗っている手を放して上体を起こし、
膝を延ばして数秒たっち。

すっごいね!!!!!



その前日、地下鉄を乗り継いで、名古屋市の支援センターに行ってきたのです。
おままごとゾーンでむすめがつかまり立ちしていると…
ぞくぞくと歩ける子供たちが来て、おもちゃを持って行きます。

むすめ、ぽかーん。

きょろきょろきょろきょろ。
あっちの子見て、こっちの子見て、
足元でごちゃごちゃされて慌てて。

距離を取ってみていた私ですが、頃合いかなと近くに行きました。

すぐさま、ふえーん、と抱っこ。
ん、圧倒されちゃったね。

たっちがその翌日のことですから、
やっぱり刺激を受けてきたのかな。

それにしても、歩いている子供たちに取って、
つかまり立ちしてぽかーんとしているむすめは全く見えていないようでした。
オブジェと化していたのが、
母はちょっと切なかったよ。

世の中厳しいのよ、と自分に言い聞かせています^^;



お膝の上か、腕の中か。

むすめは一人で遊ぶことがまだできません。

支援センターでもスタッフの方に驚かれたのですが、
家でも、私の膝の上で遊んでいることが多いです。

ママべーったり^^
人見知り…というか、ママ至上主義というか(笑)

でも、
「 はい 」という言葉が綺麗に言えるようになった頃から、
誰彼構わず、
「 はい (どーぞ)」
をするようになりました。

支援センターでは、スタッフさんはもちろん、
近くにいる知らないお母さん、
通りすがりの子供、
果てはテレビの中の人にまで。

遠くだろうが近くだろうが、むすめが視認できたら
「 はい 」

まーーーー、大体、気付いても貰えません^^;

それでもじーっとみて、物を差し出しているんです。

気付いて貰えて、受け取って貰えるだけで満足そう。
さらに「 ありがとう 」
って言って貰えた時なんて、
えへへへへへへ、と声を出して笑います。

ありがとうって言って貰えて嬉しいね、良かったね

嬉しいことだから、自分も強制されず自然に言える子になるといいな、
と心では思って居ます^^
( でも、「ありがとうは?」とは教えるつもりはない… )


そして、別の日ですが、
2歳くらいでしょうか、小さな男の子が、むすめが遊んでいたおもちゃのところに来て、
遊び始めました(奪われている^^)。

むすめはじっとみて、手に持っている車をひとつ、男の子に、はい。
受け取ってくれました。

むすめはもう一台も、はい。
また受け取って、遊んで見せてくれました。

すぐ飽きて去って行った男の子ですが、
「 受け取って貰えてよかったねー 」
と言っていると(もちろん膝の上)

ふっと目の前に再び現れ、なんと、娘に違うおもちゃを渡してくれたのです。

受け取るときも、渡す時も、無表情で声ひとつ無かったけれど、
しみじみ嬉しくって、
その子もろともぎゅっとしたかったです^^




とある保育園で、お絵かきをさせていただいた
むすめの初めての作品
f0281034_00174670.jpeg

ほとんど私ですけどね…

魚のスタンプの形を成していないものが娘が押したものです。

私がやっていたら興味を持ち、
スタンプを手に持って押したのですが、
私が押した魚の上に続けて二個。

えーーーーなんでそこよーーーー

首を傾げたのですが、保育士さんが

「 ふふ。 やっぱりね、ママと同じことして同じところがいいもんね 」

そういうことか~~~~

心があったかくなりました^^


こちらの保育園も、我が家からは1時間に1本しかないバスに乗らないと行けません。
1歳児ととものに、時間ぴったりの行動を取るのは至難の業。

でも、頑張って調整して出かけられた時、
やはり家にこもって二人で遊ぶ一日より、私の心は軽いです。
家事は二の次です^^


明日は出かけられるかなー^^

[PR]
by RefreshmentsDiary | 2017-08-25 00:14 | Comments(4)

かんな、と申します^^ お菓子、パン、お料理、ペーパークラフトなど。


by かんな
プロフィールを見る
画像一覧